保護猫カフェに行ってきました【猫式/猫カフェデビュー】

動物
スポンサーリンク
みけ
みけ

わー!ついに猫カフェに行けたんだね!?

ねここ
ねここ

そうなんだよ!ねこさんたちに会えて興奮したし、超癒された…!!

こんにちは、ねここ(@nekohuman1)です。

先日はちょっと咳がひどかったので猫カフェの店員さんとお話しするだけにとどまり、入店しませんでした…
それでも猫カフェに必要な持ち物やマナーについて聞くことができて、デビューの準備に備えることができました。
そのときの記事はこちら

今回はやっと体調もよくなってきたので、ついに猫カフェデビューしました。

スポンサーリンク

猫式~里親募集型 保護猫カフェ

店舗名:猫式
営業時間:12:00~20:00(最終受付19:30)
定休日:毎週月曜日(月曜日が休日の場合は翌日)
アクセス:田園都市線 溝の口駅東口(徒歩8分)or高津駅(徒歩8分)/JR南武線 武蔵溝ノ口駅北口(徒歩8分)
料金:(私の場合は)平日料金 1時間コース1,100円+ドリンク100円=1,200円でした

神奈川県で初めて里親探しを目的として作られた猫カフェです
2012年3月、川崎市の高津区にオープンしました
その時の日本では、20万頭以上の犬猫ちゃんが処分されていました
参考元:環境省のホームページ(当時の公開資料は平成22年まで)
そんな現状の中、1匹でも多く猫ちゃんの幸せを見つけられる場にしたいと思っています
里親様が決まるまでの一時的な仮住まいとはいえ、猫ちゃんができる限り快適に過ごしていただくためのポイントをご紹介いたします。

猫ちゃんを家族に迎えたい方はもちろん
迎えることはできないけど、大好きで猫ちゃんと遊びたい方
漫画や雑誌を読みながら猫ちゃんと過ごしたい方
猫ちゃんを眺めながら紅茶やコーヒーを味わいたい方など

ぜひぜひ『猫式』にきて、猫ちゃんとのゆるやかな時間をお楽しみください

こちらの猫式さんに遊びに行ってきました!
数ある中でこちらの猫カフェを選んだ理由は、2つあります。
1つは「保護猫カフェ」に行きたかったからです。

保護猫カフェは何らかの理由があって飼い主さんがいない猫さんたちがいるカフェなんですよねぇ…。
例えば、飼い主さんが亡くなられたとか…どこか外で捨てられていたとか…保健所に持ち込まれたとか…
何か悲しいことがあった猫さんたちなんですよね。

それで里親さんを探すために作られたのが保護猫カフェなんですね。

里親さんになることが一番のサポートかもしれませんが、保護猫カフェに行くだけでも猫さんたちのサポートにつながると思っています。

こちらの猫式さんを選んだ2つ目の理由は、猫式さんの公式Twitterを見ていると、どうやらあまりお客さんが来ていないようで…。猫さんたちが20匹ほどいるのにそれは大変すぎると思ってこちらの保護猫カフェに行くことにしました。
(客側の立場としては人が少ないほうがねこさんともふれあいやすくなるのでラッキーだとももちろん思いましたよ笑)

どんな感じだった?

お店に入ったところからプレイバックします!

店員さんから質問

・外にいるねこさんに触っていないか
・他の猫カフェに行っていないか

これを聞かれました。
「パルボウイルス」という致死率の高いウイルスがあって、これは人間が感染源になってしまうようなのです。
ねこさんたちを守るために徹底していて素敵だなと思いました。

入店

靴下を履く

この日はサンダルだったので、靴を靴箱にしまい、持参した靴下を履きました。
どうやらこれは水虫対策のようですね。
※靴下はお店で購入することも可能です。

荷物を預ける

ロッカーがあるので荷物を全て預けます。
スマホは持って行って大丈夫です。

手を洗う/消毒する

靴を脱いでスリッパに履き替えたら近くに洗面所があるのでそこで手を洗って消毒します。

説明を受ける(注意事項等)

・無理やりねこさんを抱こうとしたり、移動させることはNG
・キーホルダーやストラップ、服の一部で遊ぶことはNG(誤飲防止のため)
・フラッシュ撮影禁止
・眠っているねこさんや高いところにいるねこさん、隠れているねこさんはそっとしておく
・入室、退室の際はねこさんが外に出ないように気をつける

…あれ、他にも何かあったような気がする
思い出したら追記します。

ドリンク注文

とにかく暑かったので、ウーロン茶を注文しました。
青汁がなぜかあったので、悩みましたけど…笑

おもちゃやタオルケットを受け取る

「おもちゃ使います?」といわれたので借りてみました。
これは料金がかからなかったです。

タオルケットは暑いなぁ…と思ったのですが、
どうやらタオルケットしてたらねこさんが近寄ってきてくれるらしいので借りました。笑

ねこさんのいる部屋へ入室

ドアの近くにめっちゃ猫さんいる…と思いながら、そろーりと入りましたよ。

この日にいた猫さんは17匹。そして人間は私を入れて8人。そのうち3人は小学生と思われる子どもたち、2人は50代~60代の男性、残りの2人は30~40代の女性だったかな。
家族連れだったり、男性一人・女性一人だったり、パパと娘で来ていたり…
いろんな人がいましたね。

時間が経つと何人かいなくなってカップルがきたりもしましたね。
猫カフェデートとか最高ですね。

だいたいの人は適当な場所に腰かけてドリンクをテーブルに置きつつ、基本は動いてねこさんのところに行ってなでたり写真を撮ったりしていました。

ソファに座らずに床に座り込んでタオルケットを足にかけてねこさんを待っている人もいましたね。

積極的に猫さんのところにはいかずに、漫画や雑誌を読むのをメインにしている人もいました。

ねこさんのいる部屋から退室

入室の際に入室時間が書かれたメモをもらっています。
(こちらはビニールのケースに入っているので猫さんたちが食べたりはしないので安心です)

わたしは一時間コースにしたかったので、ちょうど1時間経った時に部屋から退室しました。
その際におもちゃとタオルケット、コップを持って出ました。

それらを返却して手を洗って、荷物を取り出して、お会計をして帰りました。

※気になる方はコロコロを借りられます

行ってみた感想は?

みけ
みけ

で、どうだったん?

ねここ
ねここ

いや、それがさ、人見知り(猫見知り)しちゃったんだよね…><

実は私、動物は大好きなのですが、
ペットを飼ったことがなく、もちろん触ったこともほぼなかったのです。

なので、部屋に入った瞬間、
「うわぁ…猫さんが近い…」と思いました。笑
どうしようといった感じでしたね。笑

そんなわけで最初は眠っている猫さんの写真撮影を行いました。

どうですか?もうかわいすぎます…!!
とりあえず眠っているねこさんの写真が撮れただけで満足して自席に戻って雑誌を読んでいると、ねこさんがわたしのテーブルのところに来てくれました!

 

おおっ身体をなめなめしているぞ?
これは触っちゃいけないんだな、ということでとりあえずずっとながめてました。
いやーかわいい!かわいすぎ!!
来てくれてありがとうねぇ。

そして私も積極的にならなくてはと思い、最後はドアの近くに私も出向きましたよ。
ドアの近くは社交的なねこさんたちが集まっていて、結構人懐っこい感じでした。
普通になでなでさせてくれましたよ~!

だら~ん。
一番なでなでしたのは黒猫さんだったのですが、写真が撮れず…!
どの子も超かわいかった!
公式サイトにメンバー紹介があるので今度行くときは自習して名前を呼びたいと思います。

最後に

いやぁ…ついに保護猫カフェデビューしてしまいました。

超かわいかったのに、最初の30分ほどは人見知りを発動してしまい…
少し悔いがありますが、最初はこんなもんでしょう。
猫さんのほうから私の方に来てくれたり、触っても抵抗なく、だらーんとしてくれていたので嬉しかったです。

どうやら何度も通うと猫さんたちも覚えてくれるみたいで、ほかのお客さんでそういったベテランの方がいました。触り方とか見よう見まねでトライしてみましたよ笑

お店の方にもうちょっと触り方とか聞けばよかったなぁ…
ということで次いくときはいろいろ聞いてから入室したいと思います。

素敵な飼い主さんが見つかることを祈っています。
ブログに書くことで少しでも貢献出来たらいいなぁ…。

それにしても癒された…いい夢見れそう…!

では、おやすみなさい。

TOPに戻る

動物
スポンサーリンク

*******************
ブログランキングに参加しています。

\クリックして応援/


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

*******************

\ この記事をシェアする /
\ フォロー大歓迎です /
スポンサーリンク
猫人間の暮らし。