ひどい咳が1カ月以上続いている原因は風邪ではない【実体験】

雑記
スポンサーリンク
みけ
みけ

ねここさん、なかなか咳治らないね~

ねここ
ねここ

そうなの…いつもうるさくしちゃってごめんね、ごほっごほっ!!

こんにちは、ねここ(@nekohuman1)です。

実は咳がとまらなくて…しんどいです…。
体調が悪いと落ち込みやすいので歌っているのですが、咳き込みながら歌っています。笑

ブログに記事を書いておいたおかげで自分の一カ月前の症状が思い出せました。笑
病院に1回目にいったときは花粉症の症状と咳でした。

花粉症の症状は薬で収まったのですが、咳だけ治らなくてまた病院に行きました。
ここで処方された咳止めの薬を飲んでいたのですが…治りませんでした…

一番最初の受診が6月4日なので1ヶ月以上咳をし続けていることになります。
というわけで今回3度目の病院に行ってきました。

スポンサーリンク

診察

まずは症状の確認をしました。

・咳が1カ月以上続いている
・熱はない
・痰はほとんど出ない
・アレルギーや喘息はなし
・タバコやお酒なし
・疲れやすい

一般的に考えて咳が一カ月以上続くのは風邪ではないと断言されました。
この日2つ検査をすることになりました。

検査

胸部レントゲン

まず行ったのは胸部のレントゲン検査でした。
呼吸器の疾患や肺炎などがわかる検査です。

肺機能検査(スパイロメトリー)

そして2つ目は肺機能検査でした。
この検査は初めてやりましたが、もう本当に辛かったです。

スパイロメトリーという機械を使って検査を行いました。
クリップで鼻をつままれて、呼吸は口だけになります。
機械につながっているマウスピースを口に加えて呼吸していきます。

最初は普通に呼吸します。
その後検査担当の方の指示でめいいっぱい息を吸い込んで一気に吐き出すといったのを何度かやりました。
これが意外と難しくて…途中で咳き込んでしまったりしてなかなかうまくいかず…。
3回ほど挑戦してやっとクリアしました。

ほんと辛かった…笑

その後気管支拡張剤を使って吸入しました。
白い煙みたいなのが出てくるのでそれを口から吸いました。

それが終わるともう一度スパイロメトリーで先ほどの検査と全く同じことを繰り返しました。
吸って吐いて吸って吐いて…
ここでもなかなかうまくできず3回挑戦してクリア…

これだけのことでもうゼーハーでしたよ。笑
ヘロヘロです。笑

検査結果

胸部レントゲン

胸部のレントゲンは全く問題がありませんでした。
白い影もなく、何か異常があるわけでもなく…。

とりあえず安心しました。

肺機能検査

気管支拡張剤を使う前と使った後のデータを見比べた結果を見ました。
あの辛く苦しい検査でしたが、気管支拡張剤の効果が出ており、

【咳喘息】であると診断されました。

とりあえずこの症状の原因がわかったのでほっとしました。

吸入器を購入して家でも一ヶ月ほどやってみてくださいとのことでした。
毎日咳していると本当に辛いんですけど、あと1ヶ月ほどはゆっくりしたいと思います。

咳喘息についてはこちらにわかりやすく書かれていました。

処方箋

シムビコートタービュヘイラー60吸入

こちらの吸入薬を2セット処方されました。
気管支を広げて、気道の炎症を抑えて呼吸を楽にしてくれる吸入薬です。

吸入器を使うのは初めてだったので緊張しましたが、わかりやすい動画もアップされていました。
とりあえず2週間は続けないと効果が出にくいようなので続けてみます。

最後に

今回は咳が一ヶ月以上続いて病院に行ったときのことを記事にしました。
あくまでも私の場合がこういう結果だったことをお伝えしていますので、
もし似たような症状であっても、決めつけずに病院に行ってみてくださいね。

おそらく咳喘息で間違いないとのことですが、
もしこれでまた体調が悪化したりしたら咳喘息でもないようなのでまた様子を見てみます。

早く元気になって猫カフェに行きたいです…。

では、おやすみなさい。

TOPに戻る

雑記
スポンサーリンク

*******************
ブログランキングに参加しています。

\クリックして応援/


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

*******************

\ この記事をシェアする /
\ フォロー大歓迎です /
スポンサーリンク
猫人間の暮らし。