3人で読む推理小説「スカイホープ最後の飛行」で遊んだ!

謎解き・脱出ゲーム
スポンサーリンク
みけ
みけ

脱出ゲームブックにハマってるね~

ねここ
ねここ

うん、今回は一人じゃなくて友達と3人で遊んだよ!

こんにちは、ねここ(@nekohuman1)です。

最近は脱出ゲームブックにハマっています。
先日、最新作「滅びゆく魔法書からの脱出」で遊びました。

それまでは一人で脱出ゲームブックを楽しんでいたのですが、3人で遊べる脱出ゲームブックがあると聞き、速攻購入しました。

3人でできる脱出ゲームブックは初めてだったので、すごく楽しみでした。
興味を持ってくれそうな友人に声をかけて友人宅で遊びました。

スポンサーリンク

スカイホープ最後の飛行

(画像をクリックすると楽天市場にとびます) 

タイトル:スカイホープ最後の飛行
著:SCRAP
出版社:SCRAP出版
発売日:2017年6月30日
付録:マップ+搭乗者リスト
定価:2,000円+税

犯罪者を追いかけている捜査官トーマス、妻に逃げられた管制官ニコラス、夢を追うマジシャン見習いベル。ハリウッドに向かう飛行機404便で、ハイジャック事件が起こった。機内で放たれた一発の銃弾が、3人の運命を交わらせる。犯人はなぜ空港の厳しいセキュリティをくぐり抜け、銃を持ち込めたのか? ハイジャックの本当の目的とは? すべての謎を解き明かしたとき、物語に隠された驚くべき仕掛けに出会う——。

「下北沢謎解き街歩き」に参加したときに下北謎ビルでキットを購入したのですが、そこで店員さんに「スカイホープ最後の飛行」を教えてもらいました。

正直、SCRAPさんの脱出ゲームブックは遊び尽くしたと思っていたので、
まだ遊んでいないゲームブックがあったとは…びっくりしましたね。笑

3人用と聞いて購入したのですが、1人でもプレイ可能と書いてありました。一人でやってしまおうかとも思ったのですが、3人用で作られているということで友人二人を招集しました。

上のあらすじにも書いてあるように、3人がそれぞれキャラクターを選びます。
・捜査官トーマス(犯罪者を追いかける)
・管制官ニコラス(妻に逃げられた)
・マジシャンのベル(夢を追いかける)

友人二人は謎解き自体初めてでしたが、このキャラクターの相談から楽しそうにしていたので私も嬉しかったです。
私たちは若干演じながらやることにしました笑

ゲームの進め方

それぞれのキャラクターが読む冊子が3冊(第1章、第2章、第3章)入っているので、薄い冊子が9冊入っています。
誰がどのキャラクターをやるか決めたら、それぞれのキャラクターの冊子の第1章を読みます。
(私は捜査官トーマス役をすることになったので、トーマスの第一章の冊子を読みました)

それぞれ第一章の冊子を読み終えたらWEBの設問ページにアクセスすると問題が出てくるので、それをみんなで見ます。その後3人で設問の答えを話し合いながら解決していきます。

答えがわかったらWEBに解答を入力して、正解したら次の章をまたみんなで読みます。
これを繰り返していきます。

実際にやってみて

LINEグループを作って、だれがどの役をやるかを決めました。
この話だけですでに楽しかったです。笑

私は熱血キャラということで(?)、捜査官トーマスに抜擢されました笑
どのキャラクターも魅力的ではありましたが、確かにこのキャラが一番自分に合っていると自分でも思いました。笑

意外と人気だったのがニコラス。
妻に逃げられたって…彼の身に一体何があったのか冊子を読みたくなりました。笑
でも演じるなら捜査官がぴったりかなと思い、捜査官になりましたけどね。笑

無事キャラクターが決まったので、遊ぶ前に友人2人にそれぞれの第一章の冊子を渡して、前もって読んでおいてもらい、後日友人宅で集まったときにマップを見ながらWEBにアクセスし、一緒に設問を見ながら謎に取り組みました。

謎に関してはネタバレしたくない、楽しみを奪いたくないので、何も触れませんが…。

あらかじめ第一章の冊子を読んでいましたが、それでも3時間くらいかかったと思います。
3人でそれぞれのキャラクターが体験したことをたまに演技もしつつ、あれこれ話し合うのは楽しかったですね。

最後に

今回はリアル脱出ゲームブック「スカイホープ最後の飛行」を紹介しました。

これはぜひ仲のいい友人と遊んでいただきたいですね。
謎解きが初めての人にもおすすめです。
今回私が一緒に遊んだ友人は謎解きは初めてでしたが、すごく楽しんでもらえました。

私自身も話し合いながら謎を解明していく感じがすごくおもしろかったです。

みんなで一つの謎を解明するために話し合って一体感を感じたし、
全ての謎が解けたときの達成感があって、感想戦ももりあがりました。

ゲーム終了時にニコラスとベルの冊子も読みましたが、3人それぞれの視点からの物語がすごくおもしろかった。自分だけの体験を言葉で相手に伝える、相手の話しを聞く、そのコミュニケーションがの練習にもなるなぁと思いました。

一度しか遊べず、キャラクターも一人しか遊べないのは少し残念なのですが、別の友人に貸したら喜んでくれました。その友人の感想を聞くのも楽しみです。
興味がある方はぜひ遊んでみてください。

謎解き・脱出ゲーム
スポンサーリンク

*******************
ブログランキングに参加しています。

\クリックして応援/


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

*******************

\ この記事をシェアする /
\ フォロー大歓迎です /
スポンサーリンク
猫人間の暮らし。