まずはワーキングホリデーの説明会へ!持ち物や服装は?【ワーホリ①】

ワーホリ
スポンサーリンク
みけ
みけ

ワーキングホリデーの説明会に行ってきたんだって?どうだった?

ねここ
ねここ

すごくよかった!一年以内に絶対にワーホリに行く決意ができたよ!

こんにちは、ねここ(@nekohuman1)です。

突然ですが、わたくし、ねここ、
ワーキングホリデービザを使って海外に行こうと思います。

英語ができるようになりたいし、海外で生活をしたい!
外国人の友達がほしい!視野を広げたい…!

そういった理由でワーホリに行きたい人が多いと思います。

私もそんな感じです。

実際何から始めたらいいのかわかりませんよね。
わたしもわかりません。
でもとりあえずまずは情報収集からしようと思います!

ワーホリに少しでも興味のある方、行こうと思っている方、
一緒に情報収集して、勉強して、
ワーホリで世界に旅立ちましょう!

そんなわけで今回は
ワーキングホリデーの説明会に行ってみた経験を記事にしました。

スポンサーリンク

ワーキングホリデーの説明会って?

どの説明会に参加したの?

一般社団法人ワーキング・ホリデー協会がワーホリに関するいろんな説明会(セミナー)を行っていて、
その説明会の中の「初心者セミナー(英語圏)」に参加しました。
「初心者セミナー(英語圏)」は本当にワーホリのこと何も知らないよっていう人で、英語圏に興味のある方向けのものでした。

説明会の会場はどこ?

わたしは今回は東京会場に行きました。
新宿駅から徒歩5分もかからなかったと思います。
会場は東京以外にも大阪・名古屋・福岡・沖縄・京都・大宮・広島・熊本から選ぶことができます。

予約は必要なの?

こちらのセミナーは予約が必要でした。
一般社団法人ワーキング・ホリデー協会のHPの「無料セミナー」から予約することができます。

持ち物や服装は?

ボールペンは持っていったほうがいいと思います。
ワーキングホリデーの冊子とアンケート用紙を受け取るのですが、そこにペンはなかったので、
参加者は自分のボールペンでメモをとったり、アンケートに答えていました。

服装に関しては、特にスーツを着る必要なく、参加者はみなさん普段着でした。
冷房が効きすぎているということもなかったですし、
暑すぎるということもなかったので、
服装に関しては特に気にしなくて大丈夫かと思います。

説明会の流れはどんな感じだったの?

・参加者同士で自己紹介
・初心者セミナー(英語圏)
・質疑応答タイム
流れはこんな感じでした。
だいたい全部で1時間半ほどで終わりました。
参加人数は15人で、男性が5人、女性が10人でした。今回は英語圏のセミナーだったので、
オーストラリア、カナダ、イギリス、ニュージーランド、アイルランドを中心に考えている参加者が集まっていました。
中でもオーストラリアが圧倒的に人気で、次いでカナダとイギリス、そのあとにニュージーランドといった感じでした。

自己紹介

まず説明会が始まって本題に入る前に参加者同士でペアになって自己紹介をしました。
自己紹介といっても、名前と行きたい国、行きたい理由…をざっくりと話した感じです。

わたしはまだ決まっていなかったのですが、
とりあえずひつじに癒されにニュージーランドでファームステイをしたいと答えました。

海外で生活してみたい、英語が話せるようになりたい、といった方が多かったです。

初心者セミナー(英語圏)

・スタッフさんの自己紹介
・ワーホリとは
・ワーホリで行ける国
・ビザの種類
・ワーホリにかかる費用

参加者同士の自己紹介が終わって、初心者セミナーが始まりました。
セミナーで話してくれたスタッフさんはワーホリ経験者ということで、
ワーホリの実体験を交えて自己紹介をしてくれたのですが、
すごく楽しそうで懐かしそうで、本当にいい思い出なんだなぁっていうことが伝わってきました!

その後ワーホリの説明に入りました。

特にわたしが聞きたかったのは費用に関してです。
今回聞いていて思ったのは本当に人それぞれということでした。
・どこへ行くか
・どれくらいの期間行くか
・学校に通う期間
・働く期間
・生活にかかる費用(外食は多いのか、自炊するのか
・ホームステイなのか、シェアハウスなのか…
本当に自分のワーホリプランによって費用は変わってくるということがわかりました。

そこで、今考えている私自身のワーホリプランで計算してみました。

・行き先はニュージーランド(最低賃金17ドル70セント…1400円~1500円くらい)
・1年間のワーキングホリデービザのみ
・語学学校は1カ月のみなので13万円
・働く期間は8カ月(仕事を見つけるのに平均4カ月かかるとのこと)
・生活費は月15万円と考えて、最初の4カ月分は日本から持っていく(60万円)
・片道航空券6万円
・海外留学保険1年間25万円

とりあえず行くときに必要な費用…約100万円!

なるほど…!
まぁ海外留学保険とかも月払いにして、最初の4カ月分だけ持っていく計算にしたら
もう少し安く抑えられるかもしれません。

仕事さえ見つかれば…っていう感じですね。
ただ、ワーホリで海外に渡航する前に日本で仕事を探して面接をするというのは禁止なのです。

あくまでワーホリは「休暇」が目的…。

うーん、難しいですね。
こればかりは行ってみないとわからないですね。

仕事が見つかるのかっていうのは…。
ワーホリに行った人はみなさんどんな仕事をいつ頃始めているのか…
またセミナーに参加しますので次回このあたりについて聞いてみたいと思います。

質疑応答タイム

セミナー後には質疑応答タイムを設けていただきました。
渡航先によって少人数のグループになり、
そこでスタッフの方に気になることをそれぞれ質問していく形でした。

いろんな人が目的を持っていて、それを聞くのはすごくおもしろいと思ったし、
お互いに話しててすごく楽しかったです。

そこで仲良くなった人と一緒に駅まで行き、流れでお昼ごはんを食べに行くことになり、
お昼を食べながらいろいろと情報交換をしました。
その後連絡先を交換しました。
ワーホリ仲間ができたので、本当に参加してよかったです。

最後に

今回はワーキングホリデーの「初心者セミナー」に行ったときのことを記事にしました。

ワーキング・ホリデーに興味はあるけど、まだ何も調べていないし…
まだ何も決まっていないし…
そんな状態でも大丈夫です。
まずは初心者セミナーに参加してみることをおすすめします。

私も実際何も調べていないし、英語も勉強していない状態でしたが、
ワーホリについて少しイメージすることができたし、
情報交換したり相談できるワーホリ仲間もできたし、
本当に行ってよかったなと思いました。

一歩行動してみると、
行動している人に出会えるので、すごく貴重なお話が聞けました。

ぜひ迷っている方がいましたら、行ってみてください。

今回の記事は以上になります。
最後まで読んでくださってありがとうございました。

 

TOPに戻る

 

 

 

ワーホリ
スポンサーリンク

*******************
ブログランキングに参加しています。

\クリックして応援/


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

*******************

\ この記事をシェアする /
\ フォロー大歓迎です /
スポンサーリンク
猫人間の暮らし。