ワーキングホリデーの渡航計画相談会に行ってきた!【ワーホリ③】

ワーホリ
スポンサーリンク
みけ
みけ

またワーホリのイベント?忙しいね~

ねここ
ねここ

同じようにワーホリに行く人がどういう状態なのか知りたいしね~!
仲良くなれたら嬉しいし!

こんにちは、ねここ(@nekohuman1)です。

先日ワーキングホリデーで海外に行くことを決意し、
実際に行くときの予算を考えてみました。

前回の記事はこちら

今回はその次のステップのカウンセリングに参加してきました。
着々と渡航に近づいていっていますね…!

そんなわけで今回は
ワーホリのカウンセリングに参加した経験を記事にしましたので
参考にしていただければと思います。

スポンサーリンク

どんなセミナーに参加したの?

今回は「国別の渡航計画相談会」に参加しました。
その中でも今回はニュージーランドとオーストラリアに重点を置いているセミナーを選びました。
セミナーに参加した人数は4名で、全員女性でした。

前回もらった資料と筆記用具は忘れずに持っていきました。

セミナーの流れは?

・参加者の状況確認
・都市の紹介(オーストラリア/ニュージーランド)
・滞在方法の紹介(ホームステイ/学生寮/シェアハウス)
・語学学校の紹介
・質疑応答

流れはこんな感じで全体で2時間ほどのセミナーでした。

参加者の状況確認

最初にスタッフの方が一人ずつ今の状況について確認していました。
確認していた項目は次の3つでした。

・行きたいと思っている国
・出発予定のだいたいの時期
・語学学校に通う期間

わたしはそのときはまだ決めていませんでした。
でも、仮にでもいいからとりあえず決めた方が話が聞きやすいだろうと思ったので、
とりあえず頭の中で決めてみたものをスタッフの方に伝えました。

・ニュージーランド
・2020年夏あたり
・1ヶ月~3カ月
伝えてみたら「なんかしっくりくる」と思ったので、
そのままこれを決定事項にしました。
みけ
みけ

出た!その軽い感じで大きな決断する感じ!
ねここさんらしいね~!

ねここ
ねここ

あはは!とりあえずお金貯めなくちゃね~!

みけ
みけ

(お金ないのに決めたのか…)

都市の紹介

ーオーストラリアー
・シドニー
・メルボルン
・ブリスベン
・ゴールドコースト
・ケアンズ
・パース

オーストラリアは主にこの6つの都市の説明をしていただきました。
正直オーストラリアも惹かれます。

特にメルボルンは「世界で一番住みたい町ランキング」にランクインしているそうで気になりました。
あのヨーロッパっぽい雰囲気はわたしが好きそうな気が…。
いやでもそれなら旅行でいつか行けばいいか、といった感じでオーストラリアはなしに。

私自身は行ったことのない国に行きたいということと、
超大自然の中で静かにのんびり生活したいというのがあったので、
ニュージーランドに決めました。

ーニュージーランドー
・オークランド
・クライストチャーチ
・ウェリントン
・クイーンズタウン

ニュージーランドは主にこの4つの都市を紹介してもらいました。

クライストチャーチは地震の影響で今も大変なようですね…。
一番栄えているのがオークランドで、たいていの留学生は最初はオークランドに行くみたいです。
クイーンズタウンはものすごく自然豊かで私が好きな静かな感じなのですが、
住んでいる人が1万人しかいないこともあって、仕事するのが難しいというか、情報を手に入れるのが難しいみたいです。

とりあえずオークランド行って友達作ったり、住居探したりしようかな、といった感じですね。

みけ
みけ

ほんとフットワーク軽すぎない!?

ねここ
ねここ

ドイツ留学を経験しているからね!ドイツ行ったときはドイツ語も英語も話せなくて悲惨だったけどそれでもどうにかなったからね~

滞在方法の紹介

・ホームステイ
・学生寮
・シェアハウス

滞在方法は主に3つ紹介してもらいました。
どれもそれぞれメリット・デメリットがあって悩みどころなんですよね。
わたしはまだ決められていません。

ホームステイ

ホームステイは現地の家庭に入って一緒に生活することができます。
出発の一週間前にどんな家庭に入るのかを教えてくれるとのこと。

ホームステイ先では家族と英語を話すことができますし、食事も作ってくれるみたいです。

最初の数カ月はホームステイをすることをおすすめされました。
理由はいろんな手続きや学校に通ったりするので最初は忙しいみたいで…。
それでご飯作ったり家具をそろえたりするのは結構バタバタするとのこと。

ホームステイのデメリットは少し高いのと、
ホームステイ先の家族と相性が悪いとしんどいようです。

んー、まぁ大丈夫でしょう!
ということで最初の数カ月は今のところはホームステイする予定になりました。

ねここ
ねここ

どんな家族が待っているのか楽しみだなぁ…!

学生寮

学生寮にはいろんなパターンがあるようですね。
学校がちゃんと管理しているようなところであればいいのですが、
していないようなところだとサポートもなくて大変なんだそう。

まぁドイツで悲惨な目にあったことがあるのでだいたいわかります。

自炊をしなければならないのですが、
食費と家賃を足すとホームステイと同じくらいの金額になるようなので、
スタッフの方は学生寮よりはホームステイを推していました。

とはいえ、先輩方がどんな感じなのかネットでも調べてみようと思います。

シェアハウス

シェアハウスは一番安い滞在方法で、楽しそうなのですが、
ワーホリ初日からいきなりシェアハウスするのはあまりおすすめではないそうです。

その場合インターネットから申し込みをするわけですが、
部屋を実際に見ずに決めることになるんですよね。
そうなるとあらゆるトラブルに巻き込まれるようで…。

確かにそもそもそのサイトが安心できるのかとかを考えていったら
疑心暗鬼がとまらなくなりそうですね…。

でもどうなんでしょうね。
とりあえずすべてを鵜呑みにしないでまずは自分で調べてみてからですね。

語学学校の紹介

語学学校に関してはものすごいたくさんありまして…
どの学校に通うか決めるのは難しいです。

・滞在都市
・学校に行く期間
・学校までの交通手段
・自分が受けたいコース
…などなど
まずは自分の目的や滞在都市など完全に決めてからではないと学校は決められませんね、
とはいえ、
話しを聞いて気になった語学学校のパンフレットをいただくことができました。

質疑応答

みなさん自由に質問していましたが、
わたしはここまでの話しを聞いただけで頭がパンパン。

帰りました…。笑

最後に

今回は国別の渡航計画相談会に行ったときのことを記事にしました。
急にいろいろと決まったような気がします。

わたしの家族や友人はまだ渡航することを知らないような…
まぁいいか。(いつものことだ

このワーホリの記事は誰かのために書いているわけではありません。
ワーホリにいって5年後くらいに自分が読み返すときのために書いています。
こういった細かいところはなかなか覚えていられませんからね。

ついに渡航先も渡航時期もだいたい決まったので、
今度は通う学校や滞在先を検討していきたいと思います。

長くなりましたが最後まで読んでくださってありがとうございます。

では、おやすみなさい。

TOPに戻る

 

ワーホリ
スポンサーリンク

*******************
ブログランキングに参加しています。

\クリックして応援/


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

*******************

\ この記事をシェアする /
\ フォロー大歓迎です /
スポンサーリンク
猫人間の暮らし。